「軽度・中等度の難聴の可能性があります」と表示された方

「軽度・中等度の難聴の可能性があります」と表示された方

軽度難聴、中等度難聴って、どういう状態?

チェックリストで10点以上24点未満だった方は「軽度・中等度難聴の可能性があります」と表示されました。軽度難聴とは平均聴力レベルが25dBHL以上40dBHL未満の難聴、中等度難聴とは平均聴力レベルが40dBHL以上70dBHL未満の難聴のことです。

左右いずれかの耳のうち、聞こえが良い方の耳に軽度難聴を持つ方は「必要時に補聴器の使用がすすめられる」とされています。中等度難聴のうち、40dBHL以上55dBHL未満の場合は「補聴器の常用がすすめられる」とされており、55dBHL以上70dBHL未満は「コミュニケーションには補聴器が必須である」とされています。(小寺2017,2p)

軽度難聴(25dB~39dB)必要時に補聴器の使用がすすめられる
中等度難聴(40dB~54dB)補聴器の常用がすすめられる
中等度難聴(55dB~69dB)コミュニケーションには補聴器使用が必須である
(小寺一興「補聴器のフィッティングと適用の考え方」(2017年、診断と治療社)をもとに作成)

お店で専門家に相談してみませんか

うぐいす補聴器は、全員が、認定補聴器技能者か言語聴覚士。補聴器の専門家が、お困りごとを丁寧にお伺いし、お悩みに寄り添ってご提案いたします。
こちらからご都合のよい日時を選んでご予約できます。